読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリア徒然日記

キャリアを中心とした人材マネジメントについて思いつくままに綴っています。

キャリアコンサルタント資格取得を目指す方々へ

先日第3回キャリコン国家資格試験を受けた身なので、この資格云々を語るほどの立場ではないと思いつつ、未来のキャリコン資格のあり方を考えた場合、組織人事の世界で20年以上メシを食っている立場から言えることもあるのではないかと思って本文章を書いています。

 

最も強調していっておきたいことは2つです。

1つ目は、「この資格でメシを食おうという甘い考えは捨てなさい!」ということです。もし個人で生きていこうと考えた場合、個人を相手にしていきたいのであれば、「キャリアを支援することで、クライエントにどのようなメリットを提供できるのか?」を徹底的に考える必要があります。法人を相手にするのであれば、「従業員のキャリア支援を通じてどのように人材マネジメントに寄与し、生産性向上に資するのか?」に答えられなければなりません。

しかし、そのような思考に至っているキャリコンの有資格者や受験生は全くと言っていいほど出会えませんでした。

そして、この資格を生かして転職するとしても、せいぜいハローワークの非正規相談員、大学から請負う就職支援の相談員、あとは派遣会社の営業や転職支援会社の転職アドバイザーなどの職です。企業のキャリア開発室などは基本的に内部人材を充てるので可能性は限りなく低いです。

これらの仕事は、要は個人と仕事のマッチングです。この仕事も、個人の潜在的ニーズや根本的な価値観に迫ったり、その上で仕事や会社を紹介出来れば面白いのですが、多くの場合、転職決定率や就職率など、様々な組織事情によってそのようなサービスの提供は殆ど出来ないと思ってよいでしょう。そして、これらの仕事の多くは低賃金です。自身のキャリア将来性も、実質的には専門性を特化する方向しかないと思います(マネジメント方向性としては、キャリア開発や人材育成がありますが、その場合は関連する実務経験がないと厳しいです)。

 

2つ目にいいたいことは、上記の話を受けてですが、キャリアでメシを食いたいのであれば、国の政策や企業のキャリア開発マネジメントくらいは持論を持った上で実務をやる覚悟を持たないといけない、ということです。

キャリアカウンセラーであれば、別にそんなことは考えなくて良いと思います。しかし、「キャリアコンサルタント」なのであれば、対個人、対組織、どちらにサービスを提供しようとも、両方ともにキャリコンなりの戦略を持っていなければならないのではと思います。

でも、キャリアコンサルタント資格を目指す人は、会社寄りの立場で働いたことのある経験のある人がかなり少ないのです。会社寄りの立場、というのは何も管理職経験を指すわけではありません。管理職でも一般社員に近いメンタリティで動いている人もたくさんいるので。別にそれが悪いわけではありませんが、そのような人がキャリコンを目指すと、多くの人は個人の幸せの最大化を目指します。

しかし、僕の考えるキャリアコンサルタントの新たな姿の1つとして、人材マネジメントの観点からのキャリア開発戦略であったり、生産性向上に寄与するキャリア開発のあり方だったりを支援することではないかと思うわけです(全員がこうなれと言っているわけではありません)。

 

キャリコンの資格を取っても、その資格をどのように生かすかの答えを持っていない人が周囲にもたくさんいます。しかし、そのような問題点も理解した上でキャリアコンサルタント資格取得を目指し、キャリコンの様々な現状課題の解決に立ち向かおうと思っている人にとって、そしてそのような仲間と繋がろうと思えば、面白い世界は開ける可能性は十分にあると思っています。