キャリア徒然日記

キャリアを中心とした人材マネジメントについて思いつくままに綴っています。

ザッカーバーグのスピーチからキャリアを考える

昨日の日曜日の午後、時間があったのでゆったりとした気持ちでネットを閲覧していたら、下記の記事がヒットし、興味深く閲覧しました。 www.huffingtonpost.jp ザッカーバーグのことはFacebookの創設者で若くして成功したアメリカ人、くらいの貧弱な知識しか…

キャリアコンサルタント受験者の傾向

だいぶ前のことになりますが、キャリアコンサルタント試験の結果は無事合格していました。 キャリアコンサルタント試験を受験するにあたり、あちこちに知り合いが出来て色々と話すうちに、キャリコンを目指す人には大きな特徴があることが分かりました。それ…

アーリーリタイアを検討することは、残りの人生を有意義にするためにとても良いですよ

アーリーリタイアとは、「定年を待たずに退職・引退し、残りの人生を自由に生きる」という生き方のことです。日本企業ですと、定年退職年齢は60~65歳が主流ですかね。それを前倒しして40代などで定職に就かない生活を過ごすということです。 アーリーリタイ…

日本の大企業の組織人材に関する違和感

私は前職の会社に10年ほど勤めましたが、その会社は一部上場していました。そこで人事経験を積んだので、僕の組織感覚はきっと大企業寄りなのでしょう。 まあ、大企業寄りということにして、自分が前職で感じていた様々な違和感をメタ認知的に捉え直し、企…

我々の未来を想像するためにお勧めのAmazon Primeの映画

唐突な告白ですが、僕はAmazon Prime Videoを愛用しています。年間3,900円で、無数とも言えるTV番組や映画が見れるわけですから、本当に良い時代になったものです。 最近、近未来モノの映画(しかもどちらかと言えばマイナー)を好んで見ていたのですが、そ…

会社のエゴを越えたキャリア教育が出来るか?

タイトル「会社のエゴを越えたキャリア教育が出来るか?」は、クライアントの方との対話を通じて最近感じていることです。 まず、エゴとは何でしょうか?英語ではego と書きます。自己を対象とする認識作用、哲学および精神分析学における概念を指します。そ…

キャリアコンサルタント資格取得を目指す方々へ

先日第3回キャリコン国家資格試験を受けた身なので、この資格云々を語るほどの立場ではないと思いつつ、未来のキャリコン資格のあり方を考えた場合、組織人事の世界で20年以上メシを食っている立場から言えることもあるのではないかと思って本文章を書いてい…

第3回キャリアコンサルタント試験 受験に向けた取り組みの振り返り

先日の3月5日に第3回キャリアコンサルタント試験の実技試験である面接試験を受験しました。これで、筆記試験と実技試験の両方が終了したことになります。 私にとって、このキャリアコンサルタント(以下「キャリコン」と呼びます)という資格を知り、資格取…

第3回キャリアコンサルタント試験 学科試験と実技試験(論述)が終了しました

昨日、第3回キャリアコンサルタント試験の筆記試験及び実技試験(論述)が執り行われました。 問題用紙は持って帰れたので、チェックしておいた自身の回答を元に、自己採点をした結果、50問中39問正解で基準の7割である35問は無事クリアすることが出来ました…

全ての社長は頭の中に人材マネジメント戦略を持っている

最近手掛けた仕事があります。それは数年来の友人で、一緒に海外旅行も何度か行ったことのある中小企業(といっても社員数は200名超)の社長さんと沖縄で4泊5日の合宿を張り、延べ時間30時間を超える会話をしてきました。その目的は、「店長のリーダーシップ…

サニー・ハンセンの提唱する4つの役割、学習と労働との関係

久々の更新となりました。 アメリカのキャリアの専門家であるサニー・ハンセンは、キャリアには、家庭における役割から社会における役割まで、人生の役割がすべて含まれており、役割に関しては、人生の4つの役割(労働/愛/学習/余暇)が統合されるべきだ…

前職の元上司と会う約束をしました

退職して1年半が経ちますが、前職のことは未だにちょいちょい脳裏に浮かびます。出会った人たち、仕事のことなどですが、中でも良く思い返すのが元上司です。 前職に入った意義として、「元上司との出会い」はトップクラスの出来事として挙げます。上司とそ…

「こんなに油の抜けた人を見たのは初めてだ」と友人の女性に言われてしまいました

今日は軽めの話題を。 先日、友人宅でいつも遊んでもらっている男女混合の忘年会がありました。 このグループは、ビジネスクールの同期がベースなのですが、見事に男女独身!50も視野に入ってきた独り身ですと、信頼できる仲間づくりがとても大切なのですよ…

目的なく海外の街をブラつくことの大切さ2

先週台北に行ってきたことは前回の記事で書きました。 僕はキャリコンの勉強をする中で出会った「経験代謝」がお気に入りで、旅から帰った後にも自分で旅を振り返ってみたのです。そして、今回の旅を感性に着目して振り返ると、以下のようなことを思いついた…

目的なく海外の街をブラつくことの大切さ

先週、台北に4泊5日で一人旅に行ってきました。 目的は特にありません。 強いて言えば、「東京の街を歩くように、台北という町をブラブラしたい」が目的です。これは何となく将来へと繋がっている行動だとも思っているのですが、僕は仕事をする際、なるべく…

「働き方改革」時代を迎えて。自分の人生を見直そう。

今、政府では「働き方改革」と呼ばれる、労働のあり方について議論して新しい方針を打ち出そうとしています。 これは、マクロ的には少子高齢化による労働力不足の解決策の1つというのがその理由です。そのために産業から産業への人材の流動化を実現したり、…

サニー・ハンセンの思想は日本の実情を踏まえて再定義する必要があると思います

前回に引き続き、サニー・ハンセンの「統合的ライフ・プランニング」について考えてみたいと思います。 今回のテーマは、「サニー・ハンセンの思想を現代日本的にアレンジするとどうなるか?」です。それを考えてみようと思ったきっかけは、前回ブログの終わ…

好きなキャリア理論や思想がありますか?

僕はキャリアコンサルタント資格の取得を目指して勉強している一受験生に過ぎませんが、キャリア理論を学んでいて好きな理論や思想が出来ました。 理論では、なんといってもマーク・L・サビカス先生の「キャリア構成理論」です。 キャリア構成理論は、構成主…

日本人のキャリアの自立について大切な5つのこと

現代日本は、自分を取り巻く環境が大きく変化しようとしています。 ◆グローバル化の進展 ◆IT化(AI、ビックデータ) ◆地球環境の破壊と配慮 ◆少子高齢化と人口減少 ◆収入の二極化と差の拡大 まだまだ色々あります。 一言でまとめてしまうと、「不安定で先の…

キャリアの転機

こんにちは。 今回は自分にとってのキャリアの転機をお話ししようと思います。自己紹介でも述べた通り、会社勤めを4社、そして今は独立しているのでそれぞれが大きなキャリア転機と言えます。 自らが積極的に引き起こしたキャリア転機と言えるのですが、その…

ブログを始めます

今日からブログを始めることにしました。 簡単な自己紹介をすると、、、 アラフィフの個人事業主です。 大学を卒業してからほぼ人事分野(ほんの少し事業戦略みたいなことにも携わりました)で経験を積んできました。 人事分野に就いたのは最初に勤めた会社…